総量規制からくる現代の個人向けマネー事情

総量規制からくる現代の個人向けマネー事情

0-28.jpg貸金業法の改正から、お金を借りるということについてだいぶ様変わりしました。

グレーゾーン金利も無くなり、過払い金の返還などで、救われた人もたくさんいますね。

逆に消費者金融は大打撃を受けて、残っているのは大手のノンバンクだけです。

なんといっても総量規制が大きな変化をもたらしたと言えるでしょう。

年収の3分の1までしか借りられないという規制は、借りる方も、貸す方も大きな影響を 受けたと思います。

逆にこの総量規制の対象外となる銀行は、消費者の生活資金需要の受け皿となるべく 極度型のカードローンに力を入れています。 消費者金融とほぼ使い方っては同じで、低金利のカードローンとして魅力です。
これまでのノンバンク並みの利便性を備えたカードローンで、キャッシングをしたい 個人向けの需要を取りこもうとしています。
盛んにCMなどでカードローンの宣伝をする銀行も出ていますし、個人向けの融資に力を入れています。

消費者としては、間ノンバンクよりも金利が低く、同程度の使い勝手がある銀行のカードローンは便利だと思います。

ただ、ノンバンクよりは審査は厳しくなるので、専業主婦などが作れるカードローンはそうはありませけれど。

やはり銀行のカードローンは、斉射進化それに近い安定した収入がある人でないと簡単には審査には通らないのが現状です

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.janoosthof.nl/mtos422/mt-tb.cgi/363

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)