保険

老後への備え

高齢化社会の中で、一人当たりが占める負担が年々増えてきています。
自分が高齢者と言われる時に年金制度はちゃんと機能をはたしているのでしょうか。
不安が多い。

そんな中、後期高齢者医療保険制度が始まりました。
後期高齢者と呼ばれる75歳以上の高齢者が保険料を負担することになり、本来もらえるはずの年金から保険料が天引きされることになりました。

後期高齢者の生活は苦しくなり、制度に対する反対の声もあがっています。
ただ、後期高齢者から保険料をもらわなければ、日本の国民皆保険制度が上手く回らず、現役世代の負担がより一層増えてしまうのも現実です。

タグ

2009年1月16日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:保険

がん保険は必要か?

がんは、日本の死亡原因の1位です。
がんになる人は本当に多いです。そのせいか、がん保険に加入している人もかなりたくさんいます。
もちろん医療保険でもがんになった際に保障の対象になりますが、がんの場合、さらに手厚い保障が受けられます。

がん保険の主な保障はがん診断給付金、がん入院給付金、がん手術給付金の3つです。
がん診断給付金は1度しか給されないという会社と何回でも大丈夫という会社があります。
加入する前にしっかりチェックすることを忘れないようにしましょう。

タグ

2009年1月15日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:保険

火災保険はどの程度必要か?

火災保険は、火事で家が燃えた時に被害を被った建物や家財に対して支払われる保険です。
住宅用の火災保険は建物と家財、それぞれの契約をしなければなりません。

家財の場合、高価な貴金属や美術品、宝石など、申込書に明記する必要があります。
明記しないと、補償の対象外になることがあります。

自分の家さえ、火事を起こさなければ保険に入る必要はないと考える方もいるようですが、勘違いしがちなもらい火による火災については正しい知識を見につけましょう。

タグ

2009年1月14日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:保険

個人年金保険に注目

自分が年金をもらう歳になった時に本当に年金はもらえるのか不安を抱えている人がたくさんいます。
その中で、個人年金保険が注目を集めています。

個人年金保険とは契約者が積み立てたお金を、将来年金として支払ってくれるものです。
年金の受け取り方は種類によって異なります。

個人年金保険には終身年金・確定年金・有期年金の3つのタイプがあります。

生死に関わらず年金が受け取れるものや死んでしまうと年金が打ち切りになるものなどがあります。

タグ

2009年1月11日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:保険

医療保険の見直し

医療保険は、病気やケガにより入院や手術した場合に治療費や入院費用などのを保証するための給付金が支払われる保険です。

医療保険には特約型と独立型があります。

単独加入できるかどうかで決まるのですが、基本的には独立型の方が保険料が高くなります。
その分、手厚い保障が受けられるのが特徴です。

特約型だと入院日数に制限がありますが、独立型だと日帰り入院から保障がうけられるものもあり、人気となっています。

タグ

2009年1月 8日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:保険