介護保険てなんだろう

介護保険てなんだろう

介護全般に関わってくる保険のことを、介護保険と呼んでいます。

この介護保険では、40才以上の人は全て被保険者となるのが特徴です。つまり、40才以上の
人には介護保険の保険料を払うことが義務づけられています。

そして介護保険の保険料を支払っていれば、いざその人が、介護が必要だと認定された時には、介護保険の被保険者であるということでその介護サービスの費用の負担が10%で済むのです。

この介護保険では、40才以上64才未満の人は第2号被保険者と呼ばれて、65才以上の人は
第1号被保険者と呼ばれます。
介護保険の第1号被保険者(65才以上の人)は、もしも介護などが必要と認定された場合、
必要だと思われる介護のサービスを、この介護保険を使って利用することができます。

そして、介護保険の第2号被保険者(40才以上65才未満の人)は、特定の病気が原因となり
介護が必要だと認められた時のみにこの介護保険を使って介護サービスを利用することが
できるようになっているのが、この介護保険のしくみです。

これからは、高齢化が進んでいくので、そのぶん介護が必要な人が増えてくると予想されて
います。そのため、介護保険がこれからさらに利用されていくことでしょう。

ただし介護保険さえ入っていれば、介護状態になったときも安心とは言い切れない現状があります。
要介護の認定は厳しくなりましたし・・・

認定されても介護保険の出る介護施設は一杯で、介護付の有料老人ホームなどに入らなければなせない現状もおおいようです。

タグ

2009年1月 7日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:保険

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.janoosthof.nl/mtos422/mt-tb.cgi/350

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)