医療保険の見直し

医療保険の見直し

医療保険は、病気やケガにより入院や手術した場合に治療費や入院費用などのを保証するための給付金が支払われる保険です。

医療保険には特約型と独立型があります。

単独加入できるかどうかで決まるのですが、基本的には独立型の方が保険料が高くなります。
その分、手厚い保障が受けられるのが特徴です。

特約型だと入院日数に制限がありますが、独立型だと日帰り入院から保障がうけられるものもあり、人気となっています。
では、どんな内容の保険に加入すると節約できるでしょうか。
まず定期型より終身型の方が保険料が安く、退職後の保障もあるので、病気の可能性が高い老後に備えて終身型をお勧めします。

終身型を選らんだ場合、1入院で120日以上の保障内容にするのがよいです。

保険には様々な特約があります。女性疾病や三大疾病が手厚く保障される特約や通院にも給付金がでる特約など。
どれも必要な気がしますが、全部つけると保険料がかなり高くなります。
自分が一番不安に感じている部分だけ特約でカバーし、それ以外は節約しましょう。
通院に対する特約は節約してもいいと思います。

解約返戻金がない保険が最近新しく出来ています。やはりその分の保険料が安くなります。
終身で加入するのであれば、中途解約すると逆に不利になるので、解約返戻金のない保険に安く加入する方が節約できます。

しかし途中で保険の見直をしたいのであれば、解約返戻金があるものにしましょう。

また、ボーナス付きの保険はその分保険料が高くなるので注意しましょう。

余計なものはつけない方が保険料を節約できるので、しっかり加入前にチェックしましょう。

タグ

2009年1月 8日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:保険

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.janoosthof.nl/mtos422/mt-tb.cgi/352

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)