がん保険は必要か?

がん保険は必要か?

がんは、日本の死亡原因の1位です。
がんになる人は本当に多いです。そのせいか、がん保険に加入している人もかなりたくさんいます。
もちろん医療保険でもがんになった際に保障の対象になりますが、がんの場合、さらに手厚い保障が受けられます。

がん保険の主な保障はがん診断給付金、がん入院給付金、がん手術給付金の3つです。
がん診断給付金は1度しか給されないという会社と何回でも大丈夫という会社があります。
加入する前にしっかりチェックすることを忘れないようにしましょう。
その他、長期入院や通院に対する保障は各会社が特約という形で用意しています。
たくさんつけた分、保険料もあがってしまうので、どれをつけて、どれを節約するかはよく考えた方がいいですね。

がん保険で気をつけなければならない事があります。
現在加入しているがん保険が古い場合、皮内がん・白血病・皮膚がんが対象外になっていることがあります。
また、がんは再発転移することがあります。その際の給付金が支払われるか支払われないかは会社によって変わってきます。
さらには良性のがんは対象外、また治療を目的としない検査入院も基本的には対象外となります。

保険料を節約したいと思っても、両方に入る事をおすすめします。
ただ、どちらかの保険を最小限にするようにしたらいいでしょう。
がんが気になる方は医療保険を薄い保障のものにし、がん保険を手厚くするのがよいと思います。
医療保険は保障を薄いものにするので、ある程度は自己負担があると見といた方がいいですね。


タグ

2009年1月15日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:保険

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.janoosthof.nl/mtos422/mt-tb.cgi/354

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)