学資保険について考えよう

学資保険について考えよう

学資保険とは、別名で「こども保険」と呼ばれていることからもわかる通り、子供に関する保険
のことを学資保険と呼んでいます。この学資保険には二つの目的があります。

ひとつめの学資保険の目的は、子供の教育費を計画的に貯蓄することで、貯蓄性に重点をおいた
学資保険がこれにあたります。

もうひとつの学資保険の目的はというと、医療保険に重点をおいた学資保険です。

この医療保険に重点をおいた学資保険とは、子供が怪我や病気などで入院をした場合などの補償をしてくれる学資保険となっています。
また、最近の学資保険の中には、契約者である両親に万が一の不幸があった場合などには、そのあとの学資保険の月々の保険料の支払い義務が なくなり、毎年、育英年金というお金が学資保険によって支払われるという保障をカバーしている学資保険の商品も多くなってきていて、このような万が一の保 障のついた学資保険を選んでおくと、親にとってはとても安心な学資保険になっています。

また、学資保険の商品によっては、子供が死亡や高度の障害を負ってしまった場合にも保険金がおりる学資保険もあります。

ちなみに、医療保険に重点をおいた学資保険にしていても、保険期間は学資保険の期間と同じなので、目的をよく考えた学資保険をえらぶことが大切です。

学資保険、こども保険の種類などもけっこう多いので、専門家に相談して保険選びをすることも必要でしょう。

タグ

2009年1月 4日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:保険

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.janoosthof.nl/mtos422/mt-tb.cgi/351

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)